1930⇒1939

吸血鬼の最近のブログ記事

 1930年に施行が試みられたヘイズ・コード(映画製作倫理規定)は、そもそもギャング映画への批判をけん制するためのものであった。コードの詳細が吟味されて本格的に始動するのは1934年のことであるが、1930年にすでに細部規定が定まっていたものの『魔人ドラキュラ』のような超自然的存在、すなわち「怪物」に対する規制が定められていなかった。この点に着目したアメリカ文化史家のデヴィッド・J・スカルは、これ以前に「Horror Movie」というジャンルが無く、「Horror Movie」という語句自体が多くの点で1931年に案出されたものであると言明した。これが『魔人ドラキュラ』がホラー映画第一号といわれる由縁である。(※1)

 初のトーキー・ホラー映画でもある。本作で最初に声を発したのは、トランシルバニアに向かう乗合馬車の中で「土地の観光ガイドを読みあげる」女性客役のカルラ・レムレ。彼女はユニバーサルの創設者であるカール・レムレの姪にあたる。

 そして、世界初のドラキュラ映画である。

 Dracula2.jpgストーカーの原作は小説が書かれた当時の現代劇で1885年の話だった。本作もまた、1931年当時の現代劇である。冒頭のドラキュラ城のシークエンスがあまりにも古色蒼然としているので、昔々の話、という赴きが強いのだが、ロンドンに舞台が移ると、街には自動車が跋扈している世界が広がる。ドラキュラ物語は、戦前までは現代劇になるのが通例であった。もとになった舞台劇も、ハミルトン・ディーンの戯曲をアメリカで公演する際、ジョン・L・ボルダストンによって「よりモダンに」改変されている。

舞台劇ではドラキュラは飛行機をチャーターしてトランシルバニアからイギリス・クロイドン空港に来、自ら税関手続きをして、そこからトラックをチャーターしてカーファックスへと渡ってくる。
また腕時計を着けていて、ヘルシングに十字架で追い込まれた時に日の出の時間を確認しながら逃げる演出まであるのだ。 (※2)

当初、映画でのドラキュラ役は、ロン・チャニーの予定だったが、チャニーが若くして急逝、その代役としてコンラート・ファイトやポール・ミュニ等、様々な名優が候補として挙がったが、そこにベラ・ルゴシの名は無かった。ルゴシは、役の獲得のために強烈なアプローチを実行したが、おせっかいが過ぎて、返って製作陣に煙たがられたという。
結果としてルゴシがドラキュラ役になったが、理由としては、「安くいいように使える」というところが大きかったようだ。

2000年にアメリカ国立フィルム登録簿に登録されている。

(※1:『映像学 68』日本映像学会 「葛藤の表出 アメリカのホラー映画研究序説 中野 泰 著」 11頁参照)
(※2:1979年に池袋西武劇場で上演された舞台劇の邦訳台本参照)

 「魔人ドラキュラ(1931)」の続編と言われるが、この当時は「シリーズ」というものの概念が希薄だったのか、前作とは一貫性が無い箇所が多々ある。続編というよりは、「まったく違う物語」と解釈したほうが自然と言えば自然。
 ヘルシング教授はドラキュラ伯爵惨殺の咎で逮捕されるが、現場にはジョン・ハーカーやミーナもいたはずで、ドラキュラが吸血鬼であることを立証する材料などいくらでもあった。それが本作ではまったく無いことになっている。すなわち「魔人ドラキュラ」はドラキュラに止めを刺した時点で完結しており、この「女ドラキュラ」は、ヘルシングがドラキュラに止めを刺したところから始まっている「別の物語」である。これは、前年に公開された「フランケンシュタインの花嫁」にも見られることだ。
 吸血鬼という古めかしい化け物をテーマにしながら、当時の最新技術を尽くして吸血鬼を追い込んでいくという展開で、ドラキュラを現代に持ってきた前作に比べても、より近代的なつくりになっている。社交界では腕時計や手持ちライターが登場。、ジャネットが誘拐され、トランシルバニアに逃げ帰ったザレスカ夫人を追うヘルシング教授はじめスコットランドヤードは、写真手配書と最新の通信技術を駆使し、果ては飛行機を飛ばしてトランシルバニアへ向かうという凄まじい起動力。先にドラキュラ城に乗り込んだガース博士を救うべく、彼らは銭形特攻隊よろしく、自動車を飛ばして城にやってくるのである。つまり、映像世界において、初めて描かれた「ヘルシング教授のドラキュラ城登城」は、「車で来た」のである。

 マリヤ・ザレスカ夫人を演じたグロリア・ホールデンは、この役が決まった時に嫌悪感を抱いていたという。ジャンルとして低く見られていた怪奇映画への出演が不本意だったのだ。しかし、その嫌悪感が皮肉にも、「ドラキュラの呪いから逃れたい」というザレスカ夫人と重なり、演技効果に繋がったという。そして、この作品が彼女の代表作になってしまった。
 グロリア・ホールデンはこの作品の翌年、「ゾラの生涯(1937)」で、ゾラの妻を演じている。ザレスカ夫人とは、間逆のタイプの役なので見比べてみるのも面白いと思う。

 映画愛好家のニコラ・ド・グンツブルグ男爵が出資者となり、自ら「ジュリアン・ウェスト」の名で主演した。

 ほとんどの出演者が素人で、演技の心得のあった者はレオーヌ役のシビレ・シュミッツと、老紳士役のモーリス・シュッツのみであったと言われる。

 吸血鬼の手下の医者の風貌は、後に「ポランスキーの吸血鬼」のアブロンシウス教授に影響を与えたとされる。

 古典映画、特に無声映画にはよくあることだが、編集が異なるバージョンが多々出回っており、いずれも完全なプリントではない。1990年代にリストアされて公開当時のドイツ語版に最も近いとされる、「ボローニャ版」がリリースされた

 公開当時の検閲で、吸血鬼殺害のシーンが「残酷すぎる」ということで、フィルムにして53mほど短縮された。
ボローニャ版はこれらのシーンは無いが、カットされたシーンは現存している。(ボローニャ版DVDに特典映像として収録。)

draculaspanish.jpgのサムネール画像 英語版と同時進行で作られたスペイン語圏向けのアメリカ映画である。

 製作当時は、映画がサイレントからトーキーの時代に入ってまだ間もなく、吹替えの技術が発達していなかった事もあって、同じ脚本とセットを利用して、スペイン語を話す役者を揃えて撮影された。

 早朝からら夕方かけてアメリカ版が撮影され、スペイン版はスペイン版のスタッフがそれを見学した上で、夜間に撮影を行ったという。

 つまり、同時進行でありながら、ルゴシ版に影響を受けている作品でもある。

スペイン語圏のみの公開であったために、アメリカ未公開で、長らく「失われた作品」だった。

その昔、子供向けの怪奇映画の本で「魔人ドラキュラ ベラ・ルゴシ」とキャプションの付いた写真が掲載されていて、どうも顔が違う、と思っていたのだが、今考えてみればそれは、カルロス・ヴィラリアスであった。

 当時はアメリカとスペインでは映画表現の規制が違い、ズペイン版はアメリカに比べて幾分規制が緩かったこともあり、本作はアメリカ版に比べて、女優の衣装も過激であり、吸血シーンがダイレクトに描かれていたり等と、かなり躍動的である。当時では珍しい「移動カメラ」と「ズーム効果」をふんだんに使い、空間の大きさを上手く出している。この点に関しては明らかにアメリカ版を凌駕しているのであるが、逆にアメリカ版のカメラワークが当時の主流だったので、本作の方が革新的だったのかもしれない。

 要所要所で英語版で不採用だったカットが多様されており、明らかにドラキュラがルゴシである箇所がある。

 今の目で見ると、アメリカ版よりもこちらの方が映画としての体裁を保っているが、やはりルゴシの幽幻的でミステリアスな雰囲気には、カルロス・ヴィラリアスは及ばなかったようだ。ヴィラリアスはルゴシに比べて動きが多く、表情も豊かなのだが、逆にそれが人間くささを助長しているようで、怪物に見えないのである。また、対するヘルシング教授も過剰な表現のため、こちらも知能的に見えず、対決のシーンではまるで「コスプレオヤジとサラリーマンの喧嘩」のようである。